せっぱり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やっつけ

 メンドクサイいわなあわび塗った後、2つの裸ミノーが残った。

 が、もはやめんどくさいので、テキトーに塗ってハイ出来上がり。

 …

 出来上がりも、雑だ。

レモン

 後は座して解禁日を待つのみ。
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
スポンサーサイト
  1. 2009/03/30(月) 21:50:56|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あわびいわな

 なんか釣りに行けないフラストレーションの捌け口となってる気が。

 今日も塗装。

 一番好きな、沢のイワナ。しかも暗い沢の。

 でも、見易いように、背中は砂の川の色、とイメージして。

 白点をあわびの地色にしてみた。

 パーマークや虫食いも入れたかったが、白点を普通の逆の手順で塗ったので、メンドクセーし、そこまでリアルである必要も無い。

 自分の怨念がコモレバそれで良い。

あわびいわな

 どうかしら??
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
  1. 2009/03/30(月) 00:17:13|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

塗装にハマル

 ゾンビ化したミノーのリペイントで地球に優しいリサイクル…

 の、筈が。

 自分の好きな泳ぎのミノーに、「欲しいけど売っていない色」を塗る事が出来る、というのに満足。

 ミノーの自作は遥か遠い昔に試みて、色止めを知らずにセルロースに漬けて、色流れてからやってない。今売ってるミノーは、少し加工すれば己好みに出来る、つーか、選び放題だから、自作するつもりは無い。

 昨年、自分好みのヤマメカラー塗った。

 今年は鮭稚魚塗った。

 ついでにあわびも貼った。

 しかし、まだ欲しい色がある。しかし、ゾンビは全て塗ってしまった。

 そして…

 新品のパッケージをオモムロに剥がし、塗装を…

 つんつるてんに…

 そして新たに4つの裸ミノーが…

 コレを「もったいない」と言います…あわわ…
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
  1. 2009/03/27(金) 21:11:50|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅のあわび

 チャートに塗るのはもったいない気がしたので、ワインバック腹オレに。

あわび

 アワビシートの分、重くなっただろうから泳ぎも違うだろうな。

 まだかー、当地の解禁はー
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
  1. 2009/03/25(水) 21:07:57|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

隣の解禁

 3月21日と云えば、レイチェルのサイン会の日なのだ。

 だからどうしたと、隣の県の解禁に行って来た。

 ココでの解禁は、人が少なければ探る範囲を広げて尺物出したりもできるが、状況次第。

 何より、祭日の昨日、フライングした奴が居ない事を祈っていたのだが、しっかりとハッキリと足跡が。

 今年は期待薄。

 更に、雪代のど真ん中らしく、水位は高かった。
川


 毎年解禁を迎えるこの川。

 初日は人が多いので、脈釣りで大場所に腰据えて釣る事にしている。

 動くと上からも下からも人が来て、納得行かないうちに釣りが終わってしまうのが嫌だから。

 お手軽な釣り、の類。しかし、シーズン始めの釣りは、問答無用に楽しいのだ。

 抜かれた感はあったものの、例年の様に景気良く掛かる。

 ここは毎年中、小型主体。デカイのは少し離れた所に溜まるのも知っているが、ガツガツしない。

 数釣りに飽きて、更に人が来なかったら、行こう。

 ここ数年で一番雪代が出た解禁日だったけど、数も例年通り。

 「あー、気持ちええ」と、相方と馬鹿話したりしながら釣る。

 日が昇り、放射冷却で寒い時間を過ごした後、雪代の本隊がやってきた。

 その頃にはもう満喫していたので、こんなもんで切り上げよう。

 残念ながら、結構人がやってきて(お互い様だが)、俺達と距離を空けて釣ってた人も、粘るらしいと気付くと追い越して行く。解禁日だし、一応の配慮はしてくれてたので特に文句も言わずに釣り続けたから、大物狙いは無し。

 食って美味しい七、八寸位のを数匹選んでお持ち帰り。

 今年はこれでお持ち帰り終了。後は完全リリースなので許してね。

血肉
                    誉められた写真じゃ無いが…

 帰り支度を終えて川を見ると、濁りが入って雪代本番の様相。

 滅多に解禁日は雪代に悩まされない川だけど、こんな年もある。

 肩慣らしには丁度良く、心地の良い時間を過ごせました。

 やはり、川はイイねぇー
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
  1. 2009/03/21(土) 14:41:47|
  2. 渓魚09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

解禁準備は続く

 ウェーディングシューズのフェルトソール。

 グリップが良い奴は半年持たずに減ってしまうし、硬いのは滑る…

 昨年使っていたシューズのフェルトは結構硬いのか、減りきっていなかった。

 しかし、今年一杯は持たないであろうし、今のうちに張り替える事に。

 何時もアングラーズハウス製を使って張り替えているのだが、昨年買ったシューズが、威張り腐ったように反り返っているタイプ。しかも、土踏まずの所もちゃんと湾曲してて、普通の靴ちっく。

 もしや?と思ったが、替えのフェルトが足りない…

 しかし、張り替えると決めたので、分割して貼ってみた。

げっ
                   ぬぉぉ…絶対剥がれるべ…

 しかも、何時もはアクアシールをふんだんに使い、それで剥がれた事は無いのだが、今年は金欠につき、王道の「ゴムのり」。しかも、右足はダイワのゴムのり、左足はアングラーズハウスのゴムのり、というしなくても良いような実験ちっくな事態に。

 予想では、左足は剥がれそうだな…と貼り付けている間は思っていたのだが、出来上がってしまっても、この隙間から剥がれそうで安心できない。

 すきっ歯みたいだし。

 さし歯になるようなものを探していたら、昔間違って買ったサイズが小さいフェルト発見。

 切って、貼った。が…

 結局アクアシール買って来て補強しましたよ(泣)

 来年もこのシューズが使えたら、軟らかそうだけどリトルプレゼンツのソール使ってみよう…

 ソッコー剥がれたりしてね…
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
  1. 2009/03/20(金) 17:42:18|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あわび

 チャートでも塗ろうか、と思ってたら、あわびシートを発見。

 貼ってみた。

あわび

 もっと早く気付くんだった…

 解禁に向けて、準備急ピッチ。
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
  1. 2009/03/18(水) 20:49:11|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アディオス

 思ったよりも居るのでは無いか?とは思ってたのだ。

 発眼卵から育てていた鮭稚魚。200は居るだろう、位にしか思って居なかった。


 鮭の稚魚放流が行われた、とのニュースを見かける季節になった。

 家のも旅立たせねば…


 最近ではデカイので7cm位のも居るが、小さいのは4cm位まで成長していた。
 
 しかし、性格の差が感じられ、元気で人懐っこいのは餌をバクバク喰らうのだが、小さくて引っ込み思案な内気鮭は、底の方で餌食べたい素振りは見せるけども、他の稚魚達に「混ーぜてー」が言えずに、ちょびっとしか食べられない。

 ここ数日は、内気鮭が餓死(定かではないがそうだろう)するのもちらほら。

 今年は数が多いので、世話のし甲斐があり、なかなか放流へ踏み切れなかった。

 しかし、潮時らしい。過密飼育で成長も止まったっぽいし。

 お別れだ。 続きを読む
  1. 2009/03/15(日) 18:27:19|
  2. 魚飼育
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

 大体出来た。

 早く使いたいっす。

よみがえり
                     赤いのは昨年使った奴


 気が向いたらチャートも。

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
  1. 2009/03/14(土) 04:46:56|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

 昔から好きなミノーがあって、使ってると岩や魚にやられてゾンビ化する。

 でも、安くは無いので、時折リペイントしてきた。

 今年もやってます。

途中
                 一番上のは昨年活躍したもの

 今年は2種類の鮭稚魚とチャートにしようかと。

 下手糞だが。 

 こういうのも、意外と楽しいんですよ。

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
  1. 2009/03/13(金) 18:25:38|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年4回目の釣り

 潮回りは良くないが、お手軽な場所へ。

 いつものように、特筆すべき事は無いのだが…

 ちっさいアメマス、つーかもはやアレはイワナだ、てーのが。

 ジグミノーにスレ掛り。アワセと共に飛ぶ。アワセと共に水面を滑ってくる、てな事を。

 竿が剛過ぎるからチビには対処できん。する気も無いし。

 ドカンと良い奴が来ないのであった。

 ま、そのうち。
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
  1. 2009/03/09(月) 19:07:14|
  2. 遡上魚/降海魚09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ディディーモ

 時には真面目な話でも。

 一昔前に比べて、間違い無く私の行く川の水量が減った。

 河畔林の伐採による保水力の低下かも知れないし、土砂流出による河床低下かも知れないし、冬の雪不足、或いは或いは…原因たるもので、心当たりがあるのは限りなく…その殆どが、元を辿れば人為的なもの。

 さて、昔は淵だった所がトロ瀬になり、瀬だった所がチャラ瀬となった(私が良く行く川では)昨今、早い話が流量が減ったからか、川に「変な藻」が多くなった気がするのだ。

 熱帯魚にハマッテいた時期があって、何かウィローモスに似てるな、とは思ってましたが、そのものでした。在来種なのね。↓

 ウィローモスwiki

 そして、そのウィローモスちっくな藻。

 私が釣りに行く地域では一つの川でしか見た事が無かった。

 ところが、今ではその一帯殆どの川に。

 良く考えると、釣り人が多い川から順に増えた気が。

 良く、フェルトにくっ付いてたから、それが原因?

 その流れで、調べ物してたら、ディディーモ問題てのがあるんですね。
  ↓   ↓
 ディディーモ
ディディーモ
           上のサイトからの転載写真です

 写真で見ると、夏の垢腐れに似てるんでしょうか?

 NZでは大問題になり、フェルトソールが禁止になったそうです。

 生乾きのフェルトソールで他の川へ…が被害拡大の元凶との考えみたいです。

 最後の手段、禁漁になった川も。

 ディディーモに関する記事を色々読みましたが、

 繁殖域では釣りの度に、ウェーダーを洗剤で洗うハメになるようです。

 海外で釣りをする日本人は結構居るでしょうから、もう日本にも入ってるかも?

 知ってしまったら、注意深く観察しましょうね。

 被害拡大を防ぐ為に、に一人一人の自覚が求められる事になりますね、日本に入ってきたら。

 しかし、今の日本の釣り人にそんな自覚を持った行動が出来るでしょうか?

 あなたの好きな川が、ディディーモに覆われる時が来るかも知れない…

 パタゴニアでも触れてます
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
  1. 2009/03/05(木) 18:18:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

今年3回目の釣り

 某日。


 風邪が完治した、と思った処で竿振りたいな、と。

 そう思い、ウミサクラ狙いで出かけた。

 しかし、具合が悪い。治って無い。

 でも、着いてしまったので、やるのだ。

 不思議なもので、具合が悪くても、釣りしている間は忘れてしまう。

 今回から、ニューロッド。思い切り振れるぞ。

 ところが、このロッド、異常に軽い。

 何かキャスティングがちぐはぐだ。

 「皆さんこのような竿を使っていたのか…」

 「反則ではないか」

 などと考えながら、釣りを続けるも、無反応。

 途中仮眠を挟み、夕方までやるも、海から反応は無かった。

 凄腕同行者共々、撃沈。

 まぁ、そんな簡単にも行かないのが釣りだから。

 体調を整えるのが先だ…
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
  1. 2009/03/01(日) 17:43:10|
  2. 遡上魚/降海魚09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。