せっぱり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

脈釣りで

写真には撮ってないけど綺麗で健気な魚だよね。イワナは。
GW。

この時期、地元では兼業農家が代掻きに勤しみ、下流域はシルト濁りのような濁流の様相を呈し、かと言って沢には山菜採りが山への道として大挙押し寄せ、釣り人もまた、大挙押し寄せる。

ちっとは足掻いて沢に入れば誰か「釣り人では無い」「ジャッコ釣り」に遭遇してケンカになり。

下流では「ちっとも暴れない」呼吸困難寸前なアメマスとか、まだ禁漁な魚。

なので、GWは川に行きたくないな、てのが結論としてあった。

今年。

故郷を少し離れていて、また、今後も離れそうな予感。

そしてそんな時に「海釣りは結構している」ゲスト。「天然イワナを釣って、それを食べたい」。

しかし、実際のところ、沢の初心者をGWに連れて行って、満足させられる沢。

俺の地元では…とうの昔に消え去った。

水が汚くても。川が汚くても。釣りにくくても。人が多くても。寄生虫が居るけども。ウグイだらけだけども。昼近くに水位が1m上がるけど。

そんな条件付けなきゃ選択肢が無いの。初心者向きの川。

今だから言うけれど、俺は秋に産卵適地を掘り起こして礫底出したりとか、変な事をして来た。
そこを禁漁期に見に行くと産卵していて、嬉しかった。

それをする人もいなくなりまーすw

皆で食潰すがいい。テクニックどうこうの前に魚が居れば釣れる。居なければ釣れない。

さて、GWに入漁料とか払わせるのもバカバカしいので、管轄漁協の無い川で、安全で、それなりに綺麗で。山菜採りが来ない。

そんな川が安近短にも辛うじて。

釣りの前日。釣り堀へ行った。

そのゲストの竿さばきを見る為。

釣りしているだけあって、それなりだけれど、ボサ川は無理だろうな。

そして行ったのはみんなが大好きな堰堤。俺は流れで釣るから面白いと思う質だから好きではない。

でも時々寄る

そしてお湿り程度に雨が降った。

少しは動いただろう。上からw

雨降ったら下から。昇った。とは良く聞く釣り人の話。

沢では降りるのがいっぱい居りますよ。特に人口構造物が多い川は。特に春は。

そして、朝早く。

短時間で喰いごろのイワナが揃った。

ゲストは時々落としていたけれど、それでも食べて美味しいのは揃える事が。

俺自身久々の沢での釣り。

俺はほぼ傍観者であったけれど、綺麗で健康なイワナを見て嬉しかった。

小さい頃は自転車で数分でやれた釣り。

田んぼ脇でボコボコ湧く湧水。そこから釣るイワナやヤマメ。

そこはもはやどよーんとした流れ。湧水は止まった。

護岸はされていたけど、それなりに渓流感あったし。

もう、こんなとこに来ないと出来ないんだな。

当たり前が段々と遠くなって。

そんなこんなを考えながら。数年振りに釣ったイワナを食ってみました。

そんな今年の釣り始めでございます。



  1. 2015/05/11(月) 19:47:07|
  2. 渓流魚15
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://seppari.blog67.fc2.com/tb.php/1004-06bb9b07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。