せっぱり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏の使者 2

 今年は今の所、下流域と海の釣りが多い。

 下流域で釣りをしていると、稚鮎が成長していくのを見ている訳だ。

 …オイシソウ…

 そう思いながらアメマスを狙っていたんだけど、今日からは鮎を釣っても良いのだ。

 今日は当地の鮎解禁日。

 鮎釣りが好きな方には申し訳ないけど、僕は鮎釣りがあまり好きではない。

 大荷物で川を闊歩し、俗に物干竿といわれる剛の者が使うような釣竿。

 その仕掛けは繊細な上にわがまま放題なおとり鮎を泳がせる。

 …いつも2時間位で飽きてしまう。僕にとっては夢中にはなれない類の釣りだ。

 しかし、悔しい事に鮎は旨いのだ。鮮度抜群の天然鮎が食いたかったら、己が釣るしかないのだ。

 
 これらの理由で、鮎釣りの為に早起きした事は無いし、解禁日にも行った事は無い。

 でも食べたい。だけど通いたくは無い。

 魚が多いのは解禁日だよね…

 昨日仕事を終えた後、とっとと飯食って鮎河川へ。

 何しろ鮎の解禁、というものに行った事は無いので、どの位混雑するものか分からない。

 だから前の日に行って車中泊すれば確実だろうと前の日のうちに来たのだ。

 しかし、今日になって分かったけど、前乗りしなくても問題ないのね。


 昨夜は誰も居ない河原で満天の星を眺めながらビールを呑んだ。カジカ蛙の鳴き声が心地好い。

 北斗七星の脇に鈍く光る星が。綺麗だな。

 気合いっぱいの行動してしまったけど、本人は特に気合入ってないので眠れなくなる事も無く。

 
 夜明けと共に起きた。

 続々とやってくる車。解禁日は何の魚であれ、祭りだ。

 今までやったことの無い流域に入ってみた。空いてる所に入る。

 周りには殺伐とした雰囲気を出す軍団と、地元のおじさん達。皆僕より遥かに上手だ。

 あれよあれよあれあれよと、鮎が空中に舞っては網に入る。

 僕はというと、「う”-」「あ”-」「だー」とイライラしながらもそれなりに釣る。

 宙を舞う鮎が網の枠に当って即死させたりしつつ、スイカの匂いがする鮎を捕獲。

 風が強く、苦戦しながら。

 やはり解禁日だけあって割が合う。全部で40匹位は釣った。

 …だが足りぬ…

 しかし、飽き飽きしたので辞める。

 あゆ
              結構釣ったけどまだ足りぬ

 もう少し腕上げたいな…

 今年はあと何度か行ってみよーかねぇー

 …結局そうなる…
にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ 
  1. 2008/07/01(火) 18:09:53|
  2. 遡上魚/降海魚08
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://seppari.blog67.fc2.com/tb.php/400-b9ae1ecd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。