せっぱり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏の使者 5

 本来なら、8月までこの魚の釣行記は伏せておこう、と思っていたのだ。

 北海道には沢山居ます。釣るのは難しくありません。

 しかし、本州ではほぼ増殖も行われていないこの魚。しかも一部地域にしか居ない。鮭鱒では1番海に適応し、成功した魚とされるこの魚も、当地では希少で減りつつあり、自分がブログと云う媒体で、リアルタイムの情報源になるのは避けたかったのだ。

 世の中、イロイロな方がいらっしゃるので。

 しかし、あまりの魚影の薄さに、僕の心配は杞憂に終わりそうなので、もう書いてしまいますよ。

 振り返れば昨年の今頃、1つの出会いがあった。この魚をこの川に狙いに来て、と出会った。

 今では時々一緒に釣りに行ったりして貰ったりするように。

 また、この魚を狙いに北へ行くようになって、集大成として行った年、と出会った。

 今では親友付き合いさせて貰ってます。

 この魚によって、人との出会いがあったり、北へ通うきっかけとなったりで、もはや僕にとって、切っても切り離せない魚となってしまった。大体このブログのタイトルはこの魚の♂の俗称だし。

 北でもう満足してしまったと思っている、この魚を釣るという行為。でもこの時期になると顔が見たくなるのだ。

 実は先日1度行ったものの、数匹の魚を見ただけ、で帰ってきた。

 しかしその後、そこに居た魚は♂のみが消えた。♀の遡上にくっついて行く筈の♂が、♀を残して。何故?何処へ?

 喰おうが逃がそうが、キッチリ決まり事を守った上なら良いんでないの?が僕のスタンスだけど、チョッピリ悲しい…

 今日はと、彼の友人と3人での釣り。

 しかし、起きたまでは良かったが、布団の上に座ったまま寝てしまうという変な事をしてしまい、結局待ち合わせの時刻に間に合わない、と言う事をしでかした(汗)先にやってて貰う事に。

 お二人さん、今日は申し訳ございませんでした…

 川に着き、追いつくべく遡行して行くと、お二人さん発見。何か狙ってるぞ。

 おぉ!居るではないか!だけど♂が居ない。♀のみ。

 そこでは釣らずに♂を求めて遡行。

 遡行。そこう。ソコウ…

 何でこんなに居ないんじゃぁー!

 予測はついてたけど、確かめねば気が済まないから遡行して来たものの、気が済んだので先程確認した流れへ戻る。

 この釣りはサイトフィッシングだ。魚を発見してから釣る類の釣りだ。

 しかし、エキスパートのお二人さんと、フツーの釣りバカの6つの目で探せないんだから、やはりキビシイノネ…

 ♀しか居ない流れ。ただ単純に遡上が遅れてるのだろうな…

 ♂が居るのならなるべく♀は釣らないようにしているんだけど、仕方あるめぇ。

 狙う。

 すると、彼の友人Yさんが食わせる事に成功。♀はカワイイな。
Yさんの魚
               この状況では貴重な1匹だー

 続けとばかりに僕も頑張る。そして今年も会えた。
今年も
     釣れなかったらどうしましょー、と。一安心

 この状況では会えただけで満足なのだ。
美人だ
                   1年振りですね^^

 そして、下流を攻めていたも食わす事に成功!

 なんとなんと、このキビシイ状況で、3人とも釣果を得る事に成功。

 完遂。

 こうなれば、もはややる事は1つ。ラーメンを喰らう。

 3人とも大盛を喰らう。Yさんありがとう。

 出すものも出し、しばし談笑をばして、お別れ。今日は楽しかったな。お二人さんホントにありがとう。

 しかし、アソコで発見出来なかったら今日はボウズだったかも…それ位居ないんですよ。

 嘘だと思うなら心当たりの川へ行って確かめて下さい。禁漁まで数日あるし。

 もっとも、発見したのは僕じゃないんだけど。

 …ごっつぁんでも会えたから良いのだ?

setlist: DAVID BOWIE / ZIGGY STARDUST

↓ポチッとするのもまた一興↓
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ 
  1. 2008/07/27(日) 19:43:46|
  2. 遡上魚/降海魚08
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://seppari.blog67.fc2.com/tb.php/420-0f9ab06f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。