せっぱり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エキサイティングサーモンフィッシング

 奥入瀬川さけ有効利用調査。

 今年で3年目?4年目?どっちか分からないけど毎年参加させて頂いてる訳ですが…

 今回は頭に来た。

 前もって申し込みしていた日の前々日に増水したらしい。HP上から前もって申し込んだ参加人数を、日にち毎に閲覧する事ができるので、僕が行った日は人数そうでもないな、と思っていたら、結構な人数が訪れていたらしい。

 それは良い。コレが頭に来たんじゃ無い。

 でもこの当日券制度、個人的には廃止した方が良いのではないか、とは思う。誰も事前に申し込まなくなってしまいやしないかい?どっちか、に統一した方が良いのでは…

 僕は開始時間に間に合わず、少し遅れて到着した。

 受付を済まし、1番の目的、「ブツを分けて頂く」為に懇願し、快く受けていただいて、後は釣りするだけ。

 サイト大好きなので、サイトが可能な流れで鮭が居る所を探す。

 すっかり有名になってしまった某流れには先行者が1人。「どうですかー」「見えませーん」。
 そしてもう1人立って欲しくない所に立ち込んでる人が1人。

 増水後なのでサイトは厳しいかな?と思っては居たけど、誰も居ない所で可能な所を見つけた。

 あ、この手の釣りは水が落ちて数日経ってから、の方が都合が良いのだ。僕にとっては。

 で、始めたら3連続スレ。…今日は頭の位置が見えん。居るのは見えるけども…

 ♂か♀かも見分けられない。ヒジョーにやりにくい。

 10回券購入したのに10回も来れない…という方に話しかけられた。

 スレが嫌だ、と力説してみた(汗)。

 
 そして…

 岸に居た方とは挨拶してたので問題無かったが、立ち込んでた奴が、スレで釣った鮭を「水揚げ」する為に川を渡って来た。

 僕のやってる直ぐ上を。

 驚き下る鮭達。やっと状況を作ったのに、パー。

 暫くして、仕方ないので芯に居る奴を狙ってたら喰った。はい取り込んだー、ストリンガーに繋いだー、さあ…

 俺の釣ってる所に立ちこんだー

 舌打ち&デカイ独り言を放つと、また直ぐ上を横切り、立って欲しく無い所へ。自分が良けりゃ良いのかよ…

 僕は後から来た身なので、立って欲しくない所に立つのは仕方ないにしても、僕のやってる所は間違い無く「俺が先行者」しかも上横ぎんなっつーの。死んでくれ。

 「すいません、上横切りまーす」や「ども、ども、」と悪びれる訳でもない。

 堂々と。

 …気を取り直して。

 すると今度は上流から川の真ん中を降りながら釣るフライマン、現る。

 バックスペース取れないだろうし、仕方ないのかもな、とは思ったけども。

 先の我先鮎タイツルアーマンと話してるぞ…嫌な予感。

 案の定、先のルートを横切り、僕の後ろへ立って、じーっと見てる…

 川の中に居るんだから岸に戻る為に川を渡る。当たり前だ。

 ただ、そこいらに居たのは鮎タイツ、フライ、朝挨拶、僕の4人だけ。

 ソコをわざわざ通る意味が解らない。

 押しが強い流れな訳でもない。上流に遡って渡るのも簡単なのに、だ。

 しかも、「通って良いですか」一声掛けてくれればコッチも「駄目」や「良いですよ」などと意思表示出来るけれどそれも無い。良い年した大人が。

 しかも渡って来てだまってじっと見ている…きしょい。

 …そんな時に上流に居た朝挨拶氏が「下で釣って良いですか?」

 「どうぞ、どうぞ」

 コレがフツー。

 話を聞くと、ここいらに一番乗りしたのは朝挨拶氏で、鮎タイツは後から来てザブザブ川を渡り、朝挨拶氏のキャストしている所の真上に立ち、釣りを始めたそうだ。

 もし僕がソコまでされてたら「石投げ遊び」を始めただろうな。良かった、遅れて来て。

 しかし、まだ続くのだ…

 今度は軽トラ親父現る。

 良く見る顔だ。承認証持ってるのかちょっと疑問…

 頭の位置が見えんので、想像でやって上手く口掛りしだした時だった。

 さっきと同じ。

 取り込んで戻ると場所が無い。しかもどかねぇ

 「人がやってる所に入るもんじゃないよ」

 いい加減こんな奴ばかりでうんざりだ。

 「網置いてるからおめぇの場所だってか?」

 

 ここからは津軽弁vs南部弁の攻防。

 「おめぇ、俺がやってるの見てただろ!良い大人がガキみてぇな事すんじゃねーよ!」(標準語訳)

 「意味不明な南部弁」しかも、どかない。

 「ナニ言ってんかわかんねーよ!そんなに欲しけりゃ買って来いよ!それともこんなモンも買えねぇか!」(標準語訳)

 「ガキかオメーは!」

 「わかったわかった」

 そして恐らく密漁者の軽トラは居なくなった…

 その後はバーチャル頭位置で何とか持ち直し、何とか口掛けとスレを5分の数に出来た。

 家帰ってブツをセッティングしよう…

 朝挨拶氏に場所を譲り、帰る。その時もタイツ&フライが後ろで熱視線を。無視。

 朝挨拶氏に軽く挨拶して管理棟へ。マナー悪いと「ぐだめいで」帰ってきました。


 苦言:

 そもそも川での鮭の採捕は禁じられています。しかし、特別採捕許可を受ける事によって限られた川で可能に出来る、と言う事で各地で鮭釣りが出来る川が増えました。
 鮭のヒキを手軽に楽しめる数少ない川が奥入瀬川だと思います。僕も楽しみたくて毎年数回ですが参加させて頂いてます。

 僕の上記の文章、見方を変えれば「場所の独占」と取られるかもしれません。
 しかし、この川の釣り人の傾向、人が釣った場所へ人が集まって来る、他に居る場所があっても。
 そこが1番良い場所だ、て。

 そしてあれだけの大きさの魚、取り込む為に移動する事が多くなります。
 戻ると場所が無い。それではそこに最初に入った人は、やりきれないでしょう。

 昨年特に感じました。

 釣るために工夫をする。
 でもそれが、「口で喰わせて釣る為」ではなく、「いかに引っ掛ける為」。
 そんな方が多く見受けられる気がします。

 引っ掛けて釣る。それはガラガケ、ギャング釣りと同じ、と考えます。

 シングルフックのレギュレーションは守ってるから。正しいかもしれません。
 ならルアーよりデカイシングルフック、マグロやクエ釣るようなフック付けりゃ早いんでない?

 スプーンから伸びた超スイミングフック。
 鮎の転がしシングルフック仕様、みたいなリグ。

 スレは仕方ない類の釣りです。僕もスレるし。
 でも少なくともスレないように群れの真ん中通す事はしませんし、フックも多くの皆さんより小さいです(伊勢尼の9-13号カエシ折って使ってます)。

 カエシ折ってるのはスレても直ぐ外す為。身にスレたのは案外直ぐ取れます。鰭は貫通してしまい、なかなか…

 最初からそんな風にやって、とは言わないけど、何度か通ってスレでもヒキを味わえたなら、次は口で喰わす工夫したらどうでしょうか?ガラガケの工夫じゃなくて。

 そんな風に思ってるの僕だけ?だったら失礼しました。

 ↓ぽちっとして頂けたら嬉しいです↓
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ 
  1. 2008/12/02(火) 19:57:22|
  2. 遡上魚/降海魚08
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

魚ホイド南部

心骨頂って感じだな。だからネットじゃなくて木刀背負った方が適材適所だって言ったじゃん。よし、来年は成敗しに行ってみるか。それにしても我慢強いね。俺なら件のルアー野郎以降は皆殺しだな。
  1. 2008/12/02(火) 20:22:16 |
  2. URL |
  3. TENKO #-
  4. [ 編集]

魚ホイドイヤー

恐らく今年の釣りの〆はコレか、ウミアメなんだ、と。最後位こんなつまんない事で腹立てたくないですね。

 正直、南部のナンバーを釣り場で見掛けると警戒します。ましてや南部に釣りに行ってるんだから。

 真っ当な南部の釣り人も迷惑でしょう。1部?の我先な釣り人のせいで警戒されるんだから。

 北海道でも、秋田県でも評判悪いナンバーですよね…

 某湖畔のいくら丼、北の刺し網、そして今日、魚ホイドに縁が深い年ですよ、今年は…
  1. 2008/12/02(火) 20:38:19 |
  2. URL |
  3. o.n.i. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://seppari.blog67.fc2.com/tb.php/474-82ceb5b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。