せっぱり。

餌食

 今年二回目の奥入瀬川さけ有効利用調査。

 一応の最終日の今日、恐らく人でごった返しているだろう。

 ホントは違う日に行く筈であった。しかし、事情で今日しか駄目なの。

 そして今朝は遅刻しなかったぜ。

 
 いつものように下流部へ。急いだつもりは無いのに1番乗り。しかし…

 …鮭いねぇ。

 付近一帯を探すも、「パヤパヤ」「ちょろちょろ」「ぴろぴろ」と云った趣。

 サイトどころで無い。

 そこへフライマン登場。10回券だそうだ。前回も会ったぞ、10回券。

 今日駄目だな。と思ったので、ラーメン喰って帰りたいんだが、4000円払ってしまってるし。

 もったいねぇな。

 つー事で探索。下限から上限まで隈なく探索してみても「ちょろちょろ」。

 上限のプール。僕はトラックに乗車してきたセレブ鮭よりも、「ウライなど越えてくれるわ」と遡ってきた呂布のような鮭を相手にしていたから、ここでやった事は無い。

 見物。

 そこはフェスティバル会場。

 2人は当たり前。3人も結構な頻度で…僕なら出来ない類の釣りだ。間違い無く発狂する。

 しかも、そこいらに居た人のうち2人に話しかけたがシカトされた。もしかしたらひっきりなしに話しかけられてウンザリしてるのかもしれず、或いはひっきりなしのお祭り騒ぎにイラついてるのかもしれず。

 対岸に渡り、地元の父さんと会話。毎年参加してたが今年は鮭居ないから見に来ただけ、との事。
 堰堤について熱く語った。
 
 餌釣り師。延べ竿は掛けたら面白いんだよなぁー。なんと三重!ハルバル来てる人も居るんだねぇー!忠類川にも行った事があるそう。あそこは良いよねぇー、とか仕掛けなんかのお話。

 お昼。

 おや?今日5投位しかしてない…

 釣り人観察にプールへ。これがこの川の現実なのね…

 さて、これからどうしようか?あ!おいらせ地区という所行ってみよかな?

 でも行こうと思ってなかったので「ドコからドコ」か分からない。

 管理棟に聞きに行ったら、あそこは砂地だから鮭が居ない。行くだけ無駄。との事。

 砂地と聞くと行く気が失せた…礫じゃないとね。

 最初に行った所へ。

 恐らく宮城?のフライマン。芳しくないみたい。「居ないねぇ」と。

 そして、いつも逃げ場にしている一帯。朝会った10回券フライマン。

 ずーっと見てきたが居ない、プールはフェスティバルだと告げると、プールはいつもそんな感じらしい。

 結局、サイトが可能な所でまとまって居るのは、このフライマンが狙ってる所のみ。

 「やりなさいよ」とありがたく言って頂いたけど、せっかく自分で見つけたんだから、と辞退させて頂く。

 会話してたら、お互いの素性が少し割れてきた。

 某掲示板で発言してたら、流れでちょいとメール送ったりした方であった。

 あなたがあの方なのねー

 ちょいと偉そうに薀蓄たれてしまいましたが、流れがもう少しある所だと、あれホントなんですよ。試す機会があればやってみて下さいね。

 餌釣り師もそうだけど、フライマンもまた、楽しそうだ。もっと鮭居れば尚楽しいんだろうけど。

 フライマン氏の知り合い?の10回券の方出現。延長期間中に会う約束なんかしてましたよ。なんかほのぼの。

 その方が帰り、僕もボウズはいけないのでやろうかな、と思ってたら、3人組現る。釣りするのは1人っぽい。「この間はごちゃっと居たのに」と当てが外れたらしい。
 
 5匹位の群れが入ってたトロを見つけてあったのだけど、僕はこの際どうでも良いのでそこに立たずにフライマンの所へ戻る。

 人の釣りを観るのも、サイトは楽しいもんね。

 ところが、やはり3人組の竿担当が寄って来た。「仲間に中央突破だ」とか言ってる。

 それで群れの横立つもんだから…散っちゃった。

 フライマン氏「やめる」と。「また戻ってきますよ」「疲れちゃった」

 もしかしたら、僕がずっと張り付いて相手するのに疲れたのかもしれず…そうならゴメンナサイ。

 そこには竿担当氏と僕だけ。今日は1匹口に掛けたら帰ろう。

 「ドッボーン!」

 何事かと見ると、竿担当氏のルアー?がぁ!ムツゴロウ引っ掛けるアレみたいだ(汗)

 「凄いな」「これだと直ぐ引っ掛かる」

 …素朴な疑問。

 「それ、底にも引っ掛かるんでない?」「ごごご、と引っ掛かる」

 …だよねぇ

 でも、これでもレギュレーションに違反してないのだよ。シングルフックだもの。

 鮭釣り=引っ掛け。

 どうもこの川で話するとそんな風潮が。規則守ってるんだから良いのかね?

 確かに、普通にやってても引っ掛かるから引っ掛けても同じ?

 僕がどうこう言う話でもないか。

 1匹の鮭を怒らせ、口掛け。このblog用に写真。

 zombie
            前回ちゃんと撮っておきゃよかった…


 監視の2人組み現る。「居ないねぇ」とか4年魚の話を。

 今日は下限から上限まで見て廻ったけど、結局この川の方式だと、不漁年は厳しいのね、下流部。

 前回はたまたま良い時に当ったのかな、と。

 管理棟へ戻り、フックの話。居ない、今までで最低だ、とまたもやぐだめいで…(汗)

 帰り際に素敵な物を。

請戸
                ちゃんとアブラビレが

 福島の請戸川グッズらしい。忠類マグカップでコーヒーを飲み、請戸焼物で茶をすする…

 奥入瀬にも何かあれば良いのにね。

 今年の釣穫調査参加はお終い。延長期間も行かないでおきます。

 今日は楽しかったですよ。
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
  1. 2008/12/14(日) 20:08:42|
  2. 遡上魚/降海魚08
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://seppari.blog67.fc2.com/tb.php/481-2269e919
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ