せっぱり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本州北部のカラフトマスを憂いながら釣る

様々な方が釣行記upしてましたが、殆ど注意喚起的な事書いてない。

…良いのか?それで。絶対減ってるぞ。

当地では今日で、アメマス以外のトラウト・サーモン系の遡上魚が禁漁に入りました。
県内水面漁業調整規則←決まり事)

シッポ



まさか、目の前に居ても狙う様な「乞食釣り氏」は居ないだろうけど。一応、ね。

まさかまさか、「逃がせば大丈夫」とか言って狙う「屁理屈釣り氏」も居ないだろうけど、一応…

「遠くから来たから」とか訳分からん事も全然正当化出来ません。

「遊漁禁止」になるんだからね。

「居たら狙ってしまう…」そんな方は単純に、それらが遡上しない、或いは少ない川で釣りすれば良い事。

ちょっと前に「憂いの魚」て記事書いたんですけど、その魚を釣って来たのでその釣行記と、ちょっとしたクドイ事書きますよ。
この時期になると、この魚に会いたくなる。

この魚は見つけてしまえば、そう難しくは無い。

しかし、悪天候の日に行っちゃったので、ナカナカ見つけられない。

だが、やっと見つけ食わせたのだが、バラシてしまった。

その魚は、あろうことか非常にやり難い所に定位してしまい…

暫く様子を伺うも、そこから動かない。

他にも数匹居るのだが、それらはちょっと手が出せない。

違う魚を探すのも手なのだが、バラシたのが悔しくて、熱くなってしまった。

そこへ、下流から釣り人現る。

バラシたとは云え、久方振りのこの釣り。気分が良かったので鼻歌を歌っていた。

「あの子をレイプ」という歌だったので、聞かれたら変態だと思われかねない。

…聞こえてなかったっぽい。

その方としばし談笑して、冷静になった。違う魚を探そう。

探す。

見つかったが、やはり群れが小さい。

先程の地元の方は、「数が減った」「昔は敷きつめる位居たのに」そう言っていた。


同感だ。


俺は広い意味では地元かも知れないが、この地域の人間ではない。

この釣りを始めたのが10数年前。魚は結構居た。少なくとも見つけるのに苦労する事は無かった。

しかし、あるメディアに出た頃から急に減り出した。逆に釣り人は増えた。

魚もデカイのがあまり見られなくなり、とうとう昨年は「こんなに居ないの?」て位居なかった。

今年は「果たしてちゃんと居るのだろうか?」結構ドキドキしてたのだ。


少なくとも昨年よりは居た。只、多くは無い。

でも、昨年の魚の子孫である、来年帰ってくる魚はきっと…

そんな事を考えながら狙う。

難しくは無い。

♂をイラつかせて食わせる。

seppari_01
            こんなに良い魚がまだ本州に帰ってきている

seppari_02
                  しかも難しくは無い

seppari_03
                  しかし確実に減っている

ureu_01
               今釣れてればそれで良いのか?

この魚のように本州ではほぼ増殖がされて居ない魚。それは「過去に獲り尽くさなかったから」今存在するのだ。

逆に言えば、「過去に沢山獲ったから」こんなに減った。

もし居なくなったら引導を渡すのは現在の釣り氏と言う事に。

そんな話をすると、環境のせいにしたがる釣り人は多い。

環境も確かに悪化している。

でも魚は減り、釣り人が増えた。ありえない話では無いよ。


この魚で満足して帰っても良かったが、俺も釣り氏。♀を1本だけ釣らせて頂く。


♀は_01
            もう既に産卵したらしく、腹は凹み肛門が赤い

♀は_02
                産卵は数回に分けて行われる

2匹で満足。今日はこれで良いや。

とっとと竿畳んで知り合いに会いに行こう。

海に居たマスだから、釣れればそれなりに大きさがある。

でも俺は、もう本州ではこの魚に大きさや数を求めていない。

いや、求めるべきじゃ無い、と。

まだ帰ってきてるんだから、数匹楽しませて貰えれば良いんじゃないの?


県外からも狙ってやって来る。

でも、その行動力があったら、北海道に行って狙った方が良いのでは?

北海道でもやったが(むしろ本州よりも)、数も、型も、比較になりませんよ。

川だったら忠類でやっても良いし、海なら走るギンピカの奴、波間に浮かぶ群れ。そんなのも狙える。

何も細々と輪廻を繰り返してる魚をわざわざ、と思ったり。

それぞれ事情があるんだから、とも思いますが。


この地域の魚が居た頃、或いは北海道の豊かさを経験しているから、最近のこの魚の減りようが特に引っ掛かるんですよ。


禁漁間近になると、背中にルアーをぶら下げた♂や、その跡がある魚を結構見かける。

間違って掛かったのかも知れないし、魚をイラつかせる前に自分がイラついて引っ掛けたのかも知れない。

でも、そのような事をした人は知ってる筈だ。この釣りはスレ易い。

だったら、スレても外しやすいようにカエシ潰すとか、引っ掛からない様にシングルフックにするとか、考えりゃ良いんで無いの?

それとも、「スレを密かに期待して」おっかねぇ針付けてんのか?

俺はバーブレスのシングルフックだけど問題無いですよ。

もし、それが原因でバレたとして、何だと言うの?腕が無かったと。それだけの話。

産卵を控えて遡上してきた余命2,3週間の魚。

そんな配慮も出来ないようなら。

幾ら能書き垂れても「失笑」。

トリプルフックならスレた瞬間、ガラガケ(ギャング釣り)と同じじゃねーの?


ネット徘徊してたら、「お盆頃釣れますか?」「良い感じだと思うよ」

この魚の事を紹介していた、とあるブログの記事にそんなコメントが載ってた。

後日訂正文載ってましたが…

誰が見てるか分からないんだから遊漁期間位調べて欲しかった。

つーか、今までもやってたの?と勘繰りたくなる。


まだまだこの魚について言いたい事はありますが。あまりにもクドクなるからまた明日、という事で。

明日はもっとクドイですよ。


setlist:DMC / 魔界遊戯

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
  1. 2009/07/31(金) 18:00:00|
  2. 遡上魚/降海魚09
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://seppari.blog67.fc2.com/tb.php/556-afc90669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。