せっぱり。

北遠征09 その六 チェゲラッチョ

昨晩はマゼランと自炊しながら話し込んだ。

人の良いおじさんだった。アドレス交換しようか、と思ってしまう位。

その日は2匹出したそう。

しかし、朝になり、マゼランは魂を惹かれた場所へ。

愚民の俺は、ココでやる。

しかし、分かっているのだ。マゼランが行った場所の方が確立は高い。

俺は、ココで出してやる。


この地でも「情報」を当てにして釣りをする傾向があるようで、昨日ポツポツ出ていたマゼランポイントはズラーっと人が並んだ。

ただ、その日、そこで、その人がやった結果だよ。

俺んトコはのびのびしたものだ。
俺はこの魚に限り、釣れなかったらビールを呑めないという事をやっている。

俺は釣りに来ると雰囲気を楽しんでしまう傾向があり、人と話すのが好きだったりする。

だから、自分にとって痛手である、「ビール抜きの刑」を課すのだ。

そうすることによって自分が弛緩するのを防ぐのだ。

ビールは大事


朝はマゼランポイントで1匹釣れたのを見たのみだった。


人に辟易した俺は、探検と、買い物へ。

最近、焼いて食べるチーズがある、と何かで見た。

チェゲラッチョとかなんとかいうチーズでソレを買いに。

店は調べてあった。

釣ったその日に己のナイフでソレを削いで焼き、満天の星空の下ビールを呑みつつ喰らう。

想像しただけで素敵じゃないか。

時折人に聞きながら、ナントカ店を見つけた。

…しかし、やっていない…

もうね、ホントツイテナイ。


ふて寝。


起きたら…

夕マズメ間に合わず。

ビールも無し。

ミノフスキー粒子が濃くなり、時折コロニーレーザーが発射され。


ツキが無い。
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
  1. 2009/10/30(金) 12:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://seppari.blog67.fc2.com/tb.php/591-012c6921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ