せっぱり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

釣り旅2010 -想い出迷子- 6日目 岬巡り其の壱

目覚めは道の駅の駐車場。

今旅は「10年を振り返り区切りを付ける旅」。

その区切りの1つとしてやっておきたい事が釣り以外にもある。

それは、道内の海岸線の国道を全て走破し、1周したつもりになるということ。

ライダーやチャリダーにはひと夏の体験で出来る事であるが、俺は釣りの道中にちびちびと。

残すは網走→雄武間と、島牧→函館の区間。

勿論走破するつもりだが、どう考えても国道より楽しい区間というのが数箇所あって…

その1つが厚岸→根室の区間。
地図で見ると岬やら湿原やら「何にも無い」が沢山有る区間。

岬巡りをしよう

先ずは霧多布。

kiri_01
                     雄大だ

kiri_02
                   天気が悔やまれる…

暴風、塩林の中をひたすら走るといった趣。

そういえば関東に引っ越した後、結局ドコに行ったんだっけ?
kiri_03
               馬は居たが…戻ってきたのかな?

道中も実にほのぼの

kiri_04
               本州でも見れるっちゃ見れる


そして、本命視していた落石岬へ。

岬へ近付くに連れ、天候も回復。

その岬は、岬入り口から車両進入禁止であった。

湿地を歩いて行くらしかった。

俺、サンダル…

しかししかし、雨の岩木山を登頂したサンダルだ、湿地ごときに!

サンダルとヒップバッグという軽装で、ちょっとしたハイキングだ。

車は俺の車しか停まってないし、これは景色を独り占め出来そうだ


鼻歌交じりで湿地を歩く。

暫く歩くと何やら古そうで訳ありそうな建物が。

oti_01
                  何やら古そうではある…

oti_02
                 リョウジ イケダ とある…誰だ?? 

俺の中のリョウジイケダ風の記念撮影をした

結局何の方か分からないまま、勝手に北海道のハウスマヌカンの先駆者であろうと決めつけ、岬を目指す。

案内板には貴重なツツジが植生していると書いてあった。

oti_03

oti_04

少しくたびれ気味の木道を進む。

oti_05

両脇の林は、樹の根元までコケがびっしり。

歩くとふわふわしてそう。

oti_06

林が切れた、と思ったら何ともいえない光景に目を奪われる

oti_07

…しっかし、鹿だらけだったな。

oti_08


やがて、岬の灯台が見えてきた。

着いたらコーヒーでも沸かすか

穏やかな気持ちはソコまでだった…


灯台が工事中で、おっちゃんがわらわら居るわ、車も居る。

oti_09


折角歩いてきたのに

ブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2010/11/10(水) 20:38:00|
  2. 旅10
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://seppari.blog67.fc2.com/tb.php/715-c2f49dba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。