せっぱり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

震災から4ヶ月②

少し前に石巻と女川の写真をupしました。

また行く機会があったので撮影してきました。
勿論車中からなので様子がわかるだけ、の写真ですが…

震災から丁度3ヶ月過ぎ頃の写真です。

石巻は前回訪れた時も港を中心に「生ごみのような臭い」がしていました。
今回は「それが腐ったような臭い」になってました…

只、瓦礫に関しては石巻、女川共にかなり片付いた印象でした。
その代わり、集積所に集められた瓦礫はかなりの量となってて、処分にどれだけかかるんだろうか?と思ったり。

前回upした写真と見比べてみると良いかもしれません。
大分片付いたとは言っても…

isinomaki_00

isinomaki_01

isinomaki_02

isinomaki_03

isinomaki_04

isinomaki_05

isinomaki_06

それでも着実に瓦礫は撤去されており、それだけ尽力してくれた方達があってこそだ。
そして前回は行かなかった雄勝地区へ行ってみた。

ogati_01

ogati_02

ogati_03

そして銀鮭の産地女川。
養殖施設が壊滅的に破壊されたそうだ。

震災後、三陸沖で漁獲があったり釣れたりしているそう。
女川とか南三陸が産地(養殖の)だったと思ったが、本来日本には居ない魚なので、獲れてるのは逃げた奴なんだろうね。

・・・

ona_01

ona_02

ここもまた、地盤沈下で満潮時には海水に浸る。

ona_03

ona_04

前回来た時にもこれらの横倒しになったビルには驚いた。
どうすればこうなるのか?
基礎の杭が付いたまま倒れているので、まるで引っこ抜かれたのかのよう。

某国営放送でそれが取り上げられていて、揺れによって液状化した地盤のところへ津波が押し寄せ、ビル内に溜まった空気によって上方向に浮力が生じ、抜かれながら横倒し、となっているらしい。

地盤の液状化、てあまり意識した事がなかったのだが、今回の震災での液状化は「世界でも類をみない規模の液状化」なのだそうだ。

一般的に「鉄筋のビルは津波に強い」と言われているらしいのだが、液状化がプラスされれば意味をなさなくなる?のか??

ona_05

仮設の水道管を良く見かける。まだ本復旧には時間が掛かりそう。

ona_06


色々考えさせられます。
  1. 2011/07/24(日) 00:09:09|
  2. 東日本大震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://seppari.blog67.fc2.com/tb.php/785-8ace044d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。