せっぱり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昔話-思い出の沼も死んだ-②

死んだ川とか、今回の死んだ沼とか…

もっと明るい昔話や、どや昔話も持ってはいるが、そんなのはどやブロガーに任せておけば良いので、俺のどや話はしない。

単純に死に行く過程と感じた事を書く。

この2つには共通点があるからだ。




数年過ぎても水面の「バフッ」に夢中。

有名なフロッグよりもコーモランのかへる君というフロッグが良く釣れた。
フックが直ぐ伸びる代物であったが…

何よりもここは生命感溢れていて気持ちが良かった。
釣りに飽きるとメダカの群れにルアーを打ち込み「ひゃーっはっは!」とか、オニヤンマを叩き落したりと
夢中で遊び、帰りは蛙の大合唱の中を帰る。あちこちを蚊に刺されて掻きながら。

ある時、そんな沼に異変が起きていることに気付いた。

「随分メダカの群れが減ったなぁ」と思ったのだ。
時を同じくして「ブラックバスが捕れた」という噂を聞く。

ブラックバス。

俺の人生で最初の釣りの遠征はそれを釣りに行くことだった。
お年玉と親の金を足して、4年生のときに相模湖という所へ行った。
当時の幼馴染が東京へ引越し、遊びに行くのを兼ねて一人竿を担いで寝台列車に。

当時少年向けの釣り雑誌があり、それの大半はブラックバスの記事であったので、一度釣りたかったのだ。
しかし、新宿のサンスイであろうことかトップのルアーを買ってしまい、春休みのダム湖では何も釣れなかったw

当時は「地元にも居れば良いのに」と本気で思っていた。

それが釣れるかもしれないのだ。

そしてその頃、謎の魚を釣り逃がす。

SKフロッグに襲い掛かった、雷魚でも鯰でも無い魚。

そして、それが次の年に。






  1. 2011/10/14(金) 20:45:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

コメント

オウオウ、引き付けられるねぇ~ で、そ~れから
  1. 2011/10/16(日) 05:29:50 |
  2. URL |
  3. シボ #-
  4. [ 編集]

あーん?そのうちなe-263
  1. 2011/10/16(日) 20:38:17 |
  2. URL |
  3. o.n.i. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://seppari.blog67.fc2.com/tb.php/801-73081ead
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。