せっぱり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012_nebuta

今年も祭りの時期がやってきた。
震災後、「絆」という言葉が取り上げられたりしたが、まさにそんなことを考えた夏になった。

俺が釣りの旅をしていた頃、金欠に対する苦肉の策として、釣り場近くに住み込みで働いた事が。

そこは旅人の巣窟のようなところで、ねぶたを愛する仲間と知り合った。
それ以来、夏には一緒に跳ね、また新たな仲間が増え、俺にとっての恒例行事となったのだ。

今年、そんな仲間の一人が天に召された。

きっと、まだまだ旅をしたかったに違いないし、ねぶたにも来たかったんだろうと思う。

年々平均年齢が上がっている我が仲間、今年は集まりが悪かった。
しかし、ニューフェイスを2名加え、ポツポツと各地から集結

相変わらずの緩く、暑く、楽しい夏を過ごした。

勿論熱い祭りも。

2012_nebuta_00


そんな折、件の彼女のご家族が当地に。

彼女の好きだったねぶた、青森、ガイドを勝手に買って出て案内などを。
ご家族は知りたかったし、俺は伝えたかった。

そして「また来たい」と戻って行った。

きっと伝わったと思う。色んな想い。

俺達も楽しんでいながらも、「彼女が来ている」と存在を感じていたのだ。

hennnaojisann


そんな夏もあっという間に終わりを。

7日日には秋風が吹き。

「今年は4尺玉が上がる」との話をどこかで聞き。

彼女がそうしていたように一人地べたに座り、花火を見ていた。

…4尺どころか、2尺玉だったというオチ

旅人達が撤収したキャンプ地の空は、秋の色をしていた。


ぽつーん

  1. 2012/08/12(日) 17:07:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

コメント

尺と玉ですか・・・・・ん~深いですねw

青森のねぶたも何十年も見てない(いったい今何歳?)のでたまに見てみたいもんですv-290
  1. 2012/08/13(月) 12:03:13 |
  2. URL |
  3. syu #-
  4. [ 編集]

何が深いんでしょうe-3

見るよりも跳ねてみて下さいe-348
  1. 2012/08/13(月) 14:04:01 |
  2. URL |
  3. o.n.i. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://seppari.blog67.fc2.com/tb.php/862-e9036f77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。