せっぱり。

なぜ赤い?

akabuto012_01

今気付いたのだが…

今年羽化したカブトムシ、全て「赤い」

正確には♂が全て「赤い」。


カブトムシスパイラルに巻き込まれて5、6年になるが、最初の始祖は真っ黒いカブトムシだった。

毎年採取もしていたのだが、それも黒いカブトムシ。

その系統の筈なのに、今では全て赤いカブトムシ…


最初の年の幼虫の餌は山から取ってきた腐葉土と市販のマットとクヌギマットを混ぜたもの。

虫が沸いて気持ち悪かったので、翌年からは全て市販のマットとクヌギマットを混ぜたもの。


餌は基本的にそこから変わっていないのだ。


只、一昨年からはマット代も馬鹿にならんので、糞を濾したマットを再利用するようになった。
それと、一昨年からは外の血が混ざっていない。近親。

昨年はかなりの割合で赤カブトが出てきた。
そして自分用に赤カブトのみ育てた。

その結果が今年。

akabuto012_02


「遺伝」の線は無いと思う。

個体群が、獲れる地域より小さい地元では、「近親」の線も薄いと思われる。それだったらもっと赤カブト獲れる筈。

餌の湿度や質もそんなに変わり無い。

と、消去していったら、「餌の土の再利用」なんじゃないか、と。

再利用の土は腐葉土中の腐葉土。腐りきっているw


土の完熟度、なのかな、と。


もはや惰性で育てているので、後は誰か調べてちょーだい

  1. 2012/08/13(月) 15:33:07|
  2. カブト・クワガタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://seppari.blog67.fc2.com/tb.php/864-9547f711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ